伊東豊雄建築設計事務所
風の変様体
 
ページ 478
出版社 青土社
発行 1989
言語 日本語
 
本の内容・概要  
1971年~1988年までの伊東豊雄の論文集。 風の変様態としての建築とは、軽やかで風のように移ろう状態があるだけの形態をもたない建築──。 身体を抑えつける建築的形式の強さ・息苦しさを排し、爽やかさ・安らぎ・心地よさを、そして何よりも人間らしさのある空間を追求し、18年にわたる試行と実践の全貌。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

プロフィール プロジェクト プロダクト 出版 論文 アクセス English